人気ブログランキング |

拉麺BLUES

タグ:兵庫県 ( 152 ) タグの人気記事


がふうあん LOVE羅臼 (突発限定)

e0208833_09205586.jpg
100%昆布スープの醤油らーめんらしい。
まあこんなの今まで食べたことがない。
とにかく昆布の味がすごい。
そしてその昆布が醤油をまろやかにしている。
昆布と醤油と言えば関東の出汁の核になる部分だがその組み合わせは時に麺をどこかに押しやる強さがある。
だがこの麺はそれに負けじと主張している。
以前に何度か限定として出された「LOVE羅臼」。
これをベースに鶏を加えたらさらに奥行きのあるスープになりそう。
昆布が強くてコストもかかるのでレギュラーメニューにはなれないがそれだけにいいものを食べさせてもらった。
しかし最近は昆布がキーワードになりつつある。


by oretokumou | 2019-06-26 17:11 | ラーメン実食 | Comments(0)

カドヤ食堂 西宮ガーデンス店 中華そば

待ちに待った西宮ガーデンズのフードコートに出来た「カドヤ食堂」。
本店のほうは場所的にあまり足を運んでいないが行きたいのは山々で今回の西宮ガーデンズなら楽々来れる。
しかもバイク駐輪場完備で歩きも少ないから好都合。
お昼は行列もできたそうだが仕事終わりの夕方に駆け付けたので行列は2名ほど。
しかし食券を買ってからが結構長かった。
フードコートなので皆バラバラに座って待っているのでいったい何人待ちだかわからない。
かれこれ20分くらい待ってようやく渡されたブザーが鳴る。
e0208833_21425224.jpg

さて一口スープをすすってみたがすごく塩辛い。
これは何かの間違いだろう。
まあ初日だから間違いも想定できるのだがこれはちょっと残念だった。
美味しいスープであるのは分かるのだがやはりベストな状態で食べてみたい。
まあ他の人のレビュー等読めば問題ないようなのでたまたまとしておこう。
ということで出直し決定!





by oretokumou | 2019-06-24 21:43 | ラーメン実食 | Comments(0)

宝麺えびす丸 播州鶏醤油

e0208833_21091046.jpg
先月宝塚に移転した「宝麺えびす丸」でそそるような限定メニューが登場した。
兵庫県産の播州百日鶏と足立醸造の醤油を使ったラーメンだ。
鶏と水だけのクリアなスープのようだが魚介の味もした。
出来れば魚介なしのほうがよかったのだが悪くはない。
こういうラーメンが続々と出てきて嬉しい限りだ。


by oretokumou | 2019-06-18 21:56 | ラーメン実食 | Comments(0)

宝麺えびす丸 宝醇中華そば

e0208833_08371153.jpg
宝塚に新店が出来た。
といっても大阪からの移転だがかなりの実力派が来たのでちょっとした話題になっている。
とはいっても宝塚(最寄り駅は仁川駅)なのでまだ客は少ない。
でも徐々に増えているとも伝えられる。
さっそく食べてみた「宝醇中華そば」はやや濁った清湯スープでその濁りは魚介から来るものなのか?魚介の旨みがかなり引き立っている。
スープを引き締めるスッキリした魚介ではなくスープにコクを与える動物系的な魚介だ。
その魚介の主体は伊吹いりことのことだが苦いいりこではなく甘味やうまみを感じるいりこだ。
思っていたスープと相違があり拒否感を持つも徐々にこのうまみに支配されてさすが実力店が宝塚にやって来たと実感した。
とりあえずほかのメニューを完食するのが命題だ。


by oretokumou | 2019-06-09 08:22 | ラーメン実食 | Comments(0)

ロックンビリーS1 比内地鶏と焼きあご、秋刀魚節

e0208833_21385146.jpg
今「ロックンビリースーパーワン」では「ラァメン家 69'N' ROLL ONE」時代の「2号ラーメン」の変遷を限定方式で紹介している。
私は今回の限定をすべて食べてはいないがすごく興味があったし今回タイミングが合ったので行ってきた。
今の「ロックンビリースーパーワン」では鶏100%のスープで魚介を排しているが、今回の限定は魚介とのWスープでこれもすごく興味深かった。
スープを飲んでみると魚介味が真っ先に伝わる。
鶏から取ったスープと魚介スープをそれぞれ合わせているのでどうしても鶏スープの配分が少なくなる。
いつも味わっている「尼ロック」はあふれんばかりの鶏の味がするのだがこの「比内地鶏と焼きあご、秋刀魚節」は鶏の味を感じる部分が少ない。
いや分からないほどだ。
それでも生醤油と鶏油の味が「尼ロック」を彷彿とさせてくれる。
いまこの醤油系統のラーメンは脱魚介の100%鶏スープに進化(?)しつつある。
だからちょっと古めかしい雰囲気も感じるのだが今回は2号らーめんの変遷なのでむしろ進化の過程を知るうえで貴重な限定ラーメンだ。
なかなかいい限定企画なのだが1日限りの提供であるのが残念でならない。


by oretokumou | 2019-06-09 07:50 | ラーメン実食 | Comments(0)

オカモト醤油ヌードル オカモト醤油ヌードル

e0208833_18222122.jpg
西宮に出来た新店で前回は「醤油」を食べたので今回は「煮干し」と思って食券を券売機で買うもなぜか「醤油」を買っていた。
キャンセルするのもめんどくさくてそのまま「醤油」で通してしまった。
前回は最初はおいしいと思ったがスープが弱くてそれが持続しなかった。
でも今回は前回以上においしいと感じた。
スープがしっかりしている。
タレがおいしくなったんだろう。
これならまた来てもいいと思った。
次は間違いのないように食券を買いたい。


by oretokumou | 2019-04-29 18:22 | Comments(0)

らーめん専門 和心 追いがつおチャーシュー

e0208833_22010721.jpg
スープは武庫川の塩のほうが好みだ。
舌にまとわりつくうまみが塩ゆえに直に感じられる。
武庫之荘の「和心」は鰹のうまみはたっぷりなんだが醤油の深みも感じられて逆に平凡なテイストになるような気がする。
それでも麺はこのスープによく合っており武庫川で食べるよりも麺との好相性が感じられる。
また塩が復活しないかな。



by oretokumou | 2019-04-26 21:44 | ラーメン実食 | Comments(0)

和海 塩ミックス

朝日放送の「松本家の休日」放映効果で整理券方式になった「和海」。
並ぶよりはましと思って整理券を受け取ったのが11時ごろで集合時間が12時45分だった。
結局待ち時間は同じかそれ以上だったが並ぶストレスから解放されるのはよかった。
e0208833_20491539.jpg
テレビでも松本人志が言ってたが白湯スープではないのにスープが濁っている。
その味は独特で塩が優しくてまろやかだ。
タレの味も半端ないうま味を放っている。
スープはやたら旨いのだが麺が太くてスープと分離しているイメージがある。
それでも食べログ全国第3位の名に恥じないおいしいラーメンだ。


by oretokumou | 2019-04-04 20:49 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめんおざき屋 おざき

2016年10月のオープン時に立て続けに2度行ったがそれっきりになってしまった伊丹の「ラーメンおざき屋」。
あれから2年半も経った。
そしていつしかメニューが刷新されて行ってきた。
e0208833_21411308.jpg
刷新されたメニューは「おざき」というラーメンだけだが「醤油味」と「こってり味」に分かれているようだ。
今回は「醤油味」をチョイス。
オープン当初は牛スープだったのだが今回は違うようだ。
最初から胡椒がたっぷり振りかけられていて醤油も濃いので肝心のスープの味がよくつかめない。
牛ではないようで牛と鶏なのか牛と豚なのか?
それとも牛・豚・鶏の三種混合かもしれない。
それでもスープは力強さがあって結構おいしい。
麺は平打ちでスープをよく絡めている。
単純なおいしさで客を選ばない味だ。




by oretokumou | 2019-03-20 21:41 | ラーメン実食 | Comments(0)

支那そばかりん 醤油そば

晴れて10回目の訪問「支那そばかりん」。
個人的に好きな店だが一般にはマイナーな部類の店だろ。
塩と醤油の繰り返しで今回は「醤油そば」を食べた。
e0208833_21030425.jpg
結構毎回感じる味が違う。
今回は醤油の濃さを感じた。
醤油が濃いとスープの動物感が弱く感じてしまう。
それでも魚介はこれでもかと感じさせてくれる。
一歩間違えると日本蕎麦系統の味になってしまう。
そして麺がまた繊細というか和蕎麦風で結構ぎりぎりの線だ。
ただこの繊細な感じがこの店の特徴ともいえる。
この感じが良くてこれまで10度も足を運んだのかもしれない。



by oretokumou | 2019-03-18 21:03 | ラーメン実食 | Comments(0)