拉麺BLUES

タグ:和歌山県 ( 2 ) タグの人気記事


和dining清乃 こってり和歌山らーめん(近鉄奈良店)

最近百貨店の催事に行くことが多い。
結構魅力ある店が出店している。
それだけ百貨店もラーメン店に力を入れ、また有名店も催事に出店する力を付けてきている。
この傾向はますます強くなっていくだろう。
ということで今回も近鉄百貨店奈良店に行ってきた。
「和dining清乃」ということでわざわざ奈良まで行ってきたが有田まで行くよりは近い。
e0208833_21060709.jpg
近頃の催事の傾向として店主自ら催事会場に赴いているということ。
今回も店主が顔を出していた。
先日有田に行った時はいなかったのに催事には顔を出す。
それだけ催事にかける意気込みが強いということ。
かつての催事はめったに店主が顔を出すことはなかった。
ある意味お祭りに近いので店主がいないと様にならない状況になりつつもある。
さて今回食べたのはこってり系のラーメンで店でも出しているレギュラーメニューだ。
一口食べてその色合いからインプットされてしまったのか、カレーのような味が頭を駆け巡る。
じっくりと味わうとカレーなんて入っていないころがわかるのだがもう見た目で脳がカレーと思わせてしまう。
人が経験に左右されて生きているのがよくわかる。
濃厚な豚骨に醤油で味を濃くした和歌山ラーメンなのだが「和dining清乃」という清らかなラーメンのイメージからちょっと意外に思えてしまう。
麺は茹で加減のせいもあるんだろうがパキパキの中細麺。
これも和歌山ラーメンのイメージとちょっと違うような気がした。
ということで終始イメージのブレが発生してしまう。
地元有田の常連客からすれば清らかな醤油ラーメンの合間にこってり系を食べるのだろうけどやはり「和dining清乃」は清らかなラーメンがよく似合う。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-02 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和dining清乃 角長醤油匠


e0208833_08393524.jpg
初めて有田まで足を運び行ってきた。
常に行列のイメージがあったのでオープン45分前から並ぶも誰も来ない。
結局11時にはほかに誰も来なかった。
5分後にやっと次の客が来た。
平日はこんなもんだろうか。
e0208833_08365080.jpg
それでもやはりうまい。
わざわざ簑島まで来た甲斐があった。
魚介勝ちな醤油ラーメンだがスープを飲むとしみじみとそのうま味が伝わってくる。
油分が多いのが今風のラーメンらしさを感じさせるが優しい味のするラーメンだ。
麺が意外と太くて食べごたえがある。
これはまた食べたくなるラーメンだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-09-09 09:00 | ラーメン談義 | Comments(0)