拉麺BLUES

タグ:和海 ( 5 ) タグの人気記事


和海 塩 (京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店の催事はいつも有名な行列店を呼んでくれるのでありがたい。
並んで食べるのもいいけどやはり店にすぐ入って座れるのがいい。
今回の催事は日替わりでそうそうたる行列店が参加している。
京阪守口まで行くより武庫川に行く方が近いのだが行列時間を考えると同じくらいになるような気がして行ってきた。
(和海は10月8日のみの出店)
e0208833_18054852.jpg
何の変哲もない和海の塩ラーメンだ。
店で食べるのと同じ味。
だがすごく物足りなさを感じてしまう。
店主の作ってる姿が見えないからだ。
百貨店の厨房の奥に店主が見え隠れするのだが、直に見ることができない。
特設テーブルと百貨店の店員さんがサーブするラーメンは「和海」で食べるラーメンよりも無機質な感がある。
やっぱり店主さんの人柄から発散するうまみが加算されて「和海」のラーメンは完成する。
並んで食べたほうがいいのかもしれない。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-12 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和海 醤油

今日も空腹を我慢して午後2時30分ごろに行くと外待ち2名
こうも暑いとさすがに並ぶ人は少なくなるようだ
e0208833_20194104.jpg
昨日は「塩」で今日は「醤油」
鰹主体の魚介味が鮮明で武庫之荘の「和心」のような味だ
「和心」は追い鰹なのでさらに鰹味は鮮明だが鶏の濃厚感は「和海」のほうが鮮明
今更ながら思うのが車麩の存在
このトレードマークともいえる車麩がラーメン全体をまとめ上げている
しかし暑いのに皆よく熱いラーメンを食べるもんだ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

和海 塩

土曜は異常だが平日でも行列の店
だが午後3時ごろになるとその行列も落ち着く
この日は3時にはすでに行列無し
これは入るしかないでしょ
e0208833_08014532.jpg
ジャンルとしては鶏清湯だが薄く濁っている様子は白湯の一歩手前
スープを味わってみても鶏ガラから出た鶏の味がバカ舌の私でも分かる
昨今のNEO中華そばブームで鶏ガラをガンガン利かせた味は影をひそめそこはかとない香りを楽しませてくれる店が多くなった
ガラよりも丸鶏を使う傾向もある
和海はオープン当初よりこのスタンスでやってきて多くのファンを獲得してきた
それこそこの鶏ガラ味が王道なのだろう
鶏と豚のチャーシューだが豚はホロホロ一歩手前の豚バラを使っておりこれも懐かしさを感じさせる
麺はやはりスープをはじき加減の麺
スープのしみこみがなく麺だけの味を楽しむことができるのだがもうすこしスープとなじんでほしい気もする
それでもやはり食べたい尼崎の宝だ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-19 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん専門 和海 塩

e0208833_8255468.jpg

前回も塩を頼んだ
醤油がメニュー落ちしたからしかたない
味噌は寒い時に食べたいし・・・

この塩、すっきりした感じはない
鶏白湯のようなスープで魚介がその濃さを隠しているが深みのある鶏味が感じられる
店主は清湯スープと言ってるらしいが、そうであれば丁寧に長時間煮込んだきれいなスープなのかもしれない
あるいは鶏油が濃さを感じさせているのかもしれない
その濃いスープに合わせた魚介も魚っぽさはなく鶏と合わさった独特の味を醸し出している
鶏+魚介のダブルスープではなくまるで一つのスープのよう
店主の苦心の作品のように思われる

麺は自家製だが前回も書いたがやはりなじまない
つるっとした中太ストレート麺だが、一体化されたスープと反発するような主張が感じられる
改善は望まないが、食べた時の違和感は拭いきれない
[PR]

by oretokumou | 2015-10-03 08:04 | ラーメン実食 | Comments(0)

和海 塩

e0208833_22175425.jpg

独特の塩味
例えようのない味
あっさりではなく深い塩味
麺は自家製麺になりつるっとしたストレート
まだなじみがないせいか違和感も感じる
しっくりこない感じ
なんだかんだで以前の製麺所の麺のほうがしっくりくる

この店の前をよく通るのだが、10人以上並んでたらほかの店に行ってしまう
2~3人の待ちなら即並ぶ
でも本当は何度も食べたいラーメンには違いない
[PR]

by oretokumou | 2015-07-29 22:26 | ラーメン実食 | Comments(0)