拉麺BLUES

タグ:大阪市 ( 190 ) タグの人気記事


うまい麺には福来たる 西中島店 潮仕立て鯛塩らーめん

最近は鯛ラーメンの研究に余念がない。
特に鯛ラーメンが好きということではないが鶏、豚、牛、貝、節系、煮干し系に続く素材として魚類の王様である鯛のあらを使ったスープにおいしい店を探している。
魚臭さは好きではないがラーメンのスープとしてその臭みも一つの武器になるということから鯛スープの相性や可能性を模索してみたい。
e0208833_08410762.jpg
出て来た鯛の塩だれスープはあっさりとしていてマイルド。
日頃食べなれた鶏ガラスープよりも和のテイストを感じるもののその力強さはむしろ鶏ガラ以上かもしれない。
それでいてキレは鶏ガラ以上で懸念された臭みもさほど感じられない。
鶏ガラと比較してみたが鯛は独自の個性を持っているので一つのジャンルとして確立する可能性を感じた。
わさびが小皿に入れられていて途中から投入したがこれが意外といい。
一言でいうと茶漬け味でここにご飯をぶち込めば立派な鯛茶づけの完成だ!


by oretokumou | 2019-01-16 08:50 | ラーメン実食 | Comments(0)

煮干しらーめん玉五郎 阪急三番街店 煮干しらーめん

忘年会の〆に食べたラーメン。
正直べろんべろんで味の詳細は覚えていない。
写真に撮ってたから思い出したが、もし写真に撮ってなかったら「玉五郎」に行ったことさえ忘れていただろう。
e0208833_19590758.jpg
〆のラーメンとしては最高の味だった。
動物系スープに濃い油が飲んだ後の胃にグイグイ入ってくる。
これがなんとも心地よい。
スープの味は甘めでそれがおいしいと感じられる。
煮干しの味も甘いスープと濃い油が引き立てている。
麺はなんか違和感を感じたのだがこれは酔っていてあまり覚えていない。
でもこれこそが玉五郎という味を久々に味わうことができたのだが翌朝は頭がグルグル回り久々の二日酔いとなってしまった。



by oretokumou | 2019-01-01 20:01 | ラーメン実食 | Comments(0)

SHIROMARUBASE 梅田店 シロマルベース

梅田に行ったついでに寄ったのがこの店。
梅田周辺では一番おいしい豚骨ラーメン店と思って入った。
今この記事を書いて「しぇからしか」の選択もあったなあと思ったのだが、帰り道沿いにあったので迷わず入ってしまった。
e0208833_16543581.jpg
食べてみると結構濃いスープだ。
最近豚骨にしても濃いスープがきつく感じるのだが、やはり食べていて途中でギブアップとなってしまう。
味はちょっと苦みばしった感じで肝の苦みのようなものを感じる。
だがそれがこの店の味の特徴と言ってよく母体の「一風堂」の原点の味のようなものを感じる。
スープは残してしまったが決して不味いわけではなく体調が良ければ全汁もいけるだろう。


by oretokumou | 2018-12-31 16:54 | ラーメン実食 | Comments(0)

うまい麺には福来たる 天五店 潮仕立て鯛塩らーめん

JR天満駅近くに「うまい麺には福来たる」の3号店がオープンした。
近くには多くのラーメン店がありかつてはラーメンの聖地的な扱いを受けたが今は福島や西中島も激戦地となっておりちょっと古びてきたイメージがある。
e0208833_16345800.jpg
鯛ブームは去ったと言われても鯛スープを出すラーメン店は後を絶たないし、普段は鯛を扱わなくても限定としてたいスープを出す店まで増えてきている。
なぜ鯛なのか?
鯛はあっさりした白身魚だが臭みは煮干しや節よりも魚臭さが残る。
臭みが結構ネガな味になるのだがそれでもラーメンに使われるのはなぜ?
いまやいろんなものがラーメンスープとなる時代だがそのなかでも材料が身近に入るのが理由なのかもしれない。
鯛は身が大きいし捨てられる部分も多くてスープを取るのに好都合なのかもしれない。
e0208833_16345340.jpg
さて今回食べたのは「潮仕立て鯛塩らーめん」。
懸念していた臭みはない。
そして塩ダレを使うことにより鶏ガラでも豚骨でも出せない鯛独自の風味を感じさせる。
麺はモチモチ感があるのだが歯ごたえもいい。
鯛が鶏、豚骨、煮干し、貝に次ぐスープ素材に成りうることを予感した。





by oretokumou | 2018-12-23 16:41 | ラーメン実食 | Comments(0)

青二犀×KÜCHE×style林 芳醇 香味海老しおチャーシューメン 森ちゃんのラーメンフェスタ2018 

森ちゃんが「写真はアップしていいですよ!動画はダメです!」と言ってたので静止画をアップ!
e0208833_16263357.jpg
土曜日だが夕方5時ごろはどの店もすいていた。

e0208833_16261871.jpg
e0208833_16262326.jpg
「青二犀×KÜCHE×style林」の「芳醇 香味海老しおチャーシューメン」
e0208833_16262819.jpg
1杯850円だが各店とも具材に凝っていて決して高いと思わせないのがいい。
これだけチャーシューが入っていたら1杯850円は普通だし。
ただスープがなにか訴えるものがないように感じた。
海老の味がする塩スープだがまあ普通の味だ。
特徴のある3店がコラボしたので食べてみたのだが期待感が大きすぎたか?。


by oretokumou | 2018-11-25 16:27 | ラーメンイベント | Comments(0)

くそオヤジ最後のひとふり あさりをふんだんに使った〆の一杯 まんパクin万博2018

今月閉店する「くそオヤジ最後のひとふり」が「まんパクin万博2018」に登場!
平日のオープン時なのでまだ人は少ないがくそオヤジだけが行列だ。
e0208833_18410619.jpg
あさりをふんだんに使った〆の一杯 (850円)
チャーシューこそないがあさりが店で出すのより多く入っていて850円だから良心的な価格だ。
250円プラスでチャーシューが4枚入るのでそっちにすればよかったと悔やむ。
e0208833_18411432.jpg
麺は全粒粉配合の中太麺でこれがなかなかおいしい。
スープも店で出しているのとほぼ同じでやや甘みがあるしつこさのない醤油味で飲みやすい。
過去にも書いたが個人的には並んでまで食べたいとは思わないがこうまで行列ができると好奇心で味わいたくなる。
食べて大満足とまではいかないがそこそこ満足のできる味で入場料を払ってまで来た甲斐はあった。
e0208833_19070410.jpg
ラーメン一杯じゃあ物足りないので唐揚げとコロッケも食べてみた。
からあげがおいしかったが小さくて量が少ないのがちょっと不満。



by oretokumou | 2018-10-16 08:00 | ラーメンイベント | Comments(0)

中華そば無限 中華そば無限

「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」のビブグルマンに大阪から3軒のラーメン店が選出された。
まず「ラーメン颯人」は前回より継続選出であとは「中華そば無限」と「ぎょぎょぎょ」だ。
ビブグルマンに選ばれるとたちまち人気行列店になるので混まないうちにと「中華そば無限」に行ってみた。
なお、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」という文字を他のサイトからコピペしたら文字がでっかくなってしまった。
戻し方が分からんのでこのまま表示させる。
e0208833_08311183.jpg
さて、中華そば無限だが今回「中華そば」をチョイスした。
ほかに「油そば」と「煮干しそば」があったが「中華そば」がメインのようだ。
スープだが、「名古屋コーチンの丸鶏と水と醤油だけを使った贅沢なスープ」と券売機に書かれていた。
確かに贅沢だ。
で今回食べたのは実は名古屋コーチンのガラも入っていて翌日から発売すると告知されていたビブグルマン掲載記念の「ダブルコーチンの中華そば」だった。
ガラも入れたらコストを下げるのかと一瞬思ったがそうではないようだ。
ブラッシュアップと言うのか、味にコクや深みを出しているようだ。
要は鶏の味を分かりやすくしたような感じだ。
それでも最後にふりかけられた鶏湯が味覚の全面にくるのでその鶏感とか奥行きは正直分からなかった。
あと麺が茹で過ぎで柔らかかったのが気がかり。
個人的な好みは固いというか噛み応えのある麺が好きだからこれは好みの相違か?
あっ、ようやくデフォの文字の大きさに戻ったが、最近小さな文字が読みづらくなったので大きいほうが読みやすい。
でも大きくする方法も分からないので次回からはまたデフォの文字になるかも…



by oretokumou | 2018-10-15 08:31 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン颯人 裏しょうゆ

思い出話になるが、オープンしたころはカドヤ食堂からの独立店ということで鳴り物入りの賑わいだったがしばらくして並びも減り開店時には2~3人の頃もあった。
でもその後ビブグルマンに選ばれそれからは常に長蛇の行列店になった。
でこの日は今まだ並んだ中で最長の行列だ。
50分くらい待っただろうか?
すぐに入れないのが残念。
e0208833_20493350.jpg
この「裏しょうゆ」は前回も食べた。
とにかくうまい。
鶏と醤油のオーソドックスな味だが昆布の味が効いていて和風を感じさせる。
麺は細くて柔らかい。
これが好きではないという人もいるようだがむしろ颯人と言えばこの麺だ。
もう最初の一口、いや食べる前から最後の一飲みまですごく幸せに満ち足りた時間になる。



by oretokumou | 2018-10-10 14:58 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺処葵 さんまブラックらーめん 大盛

さんまブラックらーめん 大盛 750円
e0208833_18481472.jpg

以前、ブラックらーめんの動物系スープである鶏バージョンを食べたがどうもそれがメニュー落ちしているようで、今回食べたさんまブラックらーめんに一本化されたようだ。
この一本化されたブラックは魚介だけの動物系を使わないスープのようだ。
この時点であまり期待をしなかったのだが一口麺をすすって期待以上の美味しさに驚いた。
さんまを使った香味油から発する香りの凝縮感がすごい。
濃い醤油に負けないくらいの主張をしている。そしてその香りは最後まで減退することはない。
今まで食べたブラックらーめんの中では一、二を争う美味しさだ。
よく言えばインパクト重視のタレだがそれでも今まで食べた中ではダントツのうまさなのでこれはまた食べてみたい。
恐ろしいやつに出会ってしまったという印象だ!


by oretokumou | 2018-08-02 18:48 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつ星製麺所 西中島店 濃厚らーめん

みつ星製麺所の「三宮店」が出来たので比較のため「西中島店」に行って「つけ麺」を食べたのだが以前と違う味だったので今度は「西中島店」の「濃厚らーめん」を食べてみた。
e0208833_18502106.jpg
やっぱりというか、豚骨のクセのある濃厚スープで以前のようなまろやかでクリーミなくせのない味ではなかった。
おそらく鶏白湯の比率が少なくなったのではないだろうか?
「西中島店」がこれなら「福島本店」もそうだろうか?
早急に確認したい。
悪くはないのだけど去年食べたのがあまりにもおいしかったので残念。





by oretokumou | 2018-07-15 18:50 | ラーメン実食 | Comments(0)