拉麺BLUES

タグ:西宮市 ( 34 ) タグの人気記事


なかた屋 背あぶら濃厚魚介中華

e0208833_20261271.jpg
6月に長期休業ののちにリニューアルオープンした「なかた屋」にメニューが追加された。
今回新たに加わったのは「煮干し中華」「濃厚魚介中華」「油そば」だ。
一気に3つもメニューが増えどれにしようか迷ったが「なかた屋」創成期のオリジナルメニューであった「背あぶら濃厚魚介中華」をオーダーした。
ちなみに「煮干し中華」も創成期メニューで「油そば」はその後加わった
創成期メニューで落ちたままなのは「あじ節塩中華」のみだ。
e0208833_20260780.jpg
すっきりした煮干しそばに背脂を加えたこってり感を増したラーメンだ。
麺はプリッとした歯ごたえとツルツルした触感が感じられるが麺の味は独特の無味乾燥な味わい。
決して悪い意味ではなくこれが「なかた屋」らしい懐かしさを感じさせる個性的な麺だ。
その麺だが今回は麺に固さを感じ6月にリニューアルした時は柔らかさを感じたので改良したのかもしれない。
スープは塩分の効いた濃い味だ。
この店のラーメンはそれぞれの具材や素材が突き抜けていて悪く言えばバランスが悪いのだがそれが強い印象となって脳裏に焼き付いてしまう。
それ故にまた食べたくなってしまうのが不思議だ。

[PR]

by oretokumou | 2018-10-23 10:13 | ラーメン実食 | Comments(0)

阿波座10番 10番ラーメン

10月17日西宮市中前田に新店がオープンした。
メインは豚骨ラーメンだが二郎っぽいのやら油そばもラインナップされている。
今回はオープン記念ということで煮卵とノリとご飯つきで500円の「10番ラーメン」をオーダーした。
e0208833_20255705.jpg
ごくごく博多ラーメンに忠実ではあるが臭みを抑えてすっきりとした感じもする。
豚骨の濃度は高くなくその分塩だれが効いていて塩分の濃い味になっている。
それでもクセがない分すごく飲みやすくてかなりおいしい。
麺も博多風細麺でぱつんとした歯ごたえが心地よい。
病みつきになるというところまでは行かないもののこれはおいしいのでまた食べてみたくなった。

[PR]

by oretokumou | 2018-10-17 20:38 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 つけ麺

今月長期休業から復活した「なかた屋」に「つけ麺」も復活した。
私は「なかた屋」のつけ麺よりも中華そばのほうが好きだがそれでも気になる復活の「つけ麺」を食べてみた。
e0208833_19025905.jpg
想像通りの粉系の煮干しがすごく効いたつけダレだ。
そしてそれに呼応するかのように醤油ダレがいい感じで絡み合ってる。
つけ麺では魚介豚骨ってよくあるが、これは魚介醤油である。
このスープ、麺に絡めて食べるのもいいのだがスープだけ味わってもなかなかのものだ。
つけ麺にしては麺が腰がなくて柔らかいのだがそれでもスープのうまさが帳消しにしてくれる。
店主さんが青森の本店で修行して西宮に持ち込んだ煮干しラーメンと煮干つけ麺は今のところ関西のほかでは味わえないので貴重な店だと言える。


[PR]

by oretokumou | 2018-06-22 19:04 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 こく煮干しそば

長期間休業していた西宮の「なかた屋」が6月11日に再開した。
メニューが一部変更となったのだが店主さんが女性から男性に変わっていた。
その男性とは以前の女性店長の弟さんのようで青森の本店で修行してきたようだ。
e0208833_08190930.jpg
メニューは「こく煮干しそば」と「つけ麺」の2本立てで今回は「こく煮干しそば」を注文した。
e0208833_08191902.jpg
濃度は以前のものと同じくらいで濃厚な煮干しだがマイルドさはこちらの方がいいようだ。
スープに動物系を使っているというある客のツイートがあったが味わってみて動物系が使われているかどうかは判別がつかない。
でもとろりとしたコクのある味は動物系のものかもしれない。
麺が前回のものとはかなり変わっていた。
以前のものよりも加水が高くなっていて歯ごたえが弱い。
以前のものはもさもさした感じで口当たりは悪かったがそれでも食べなれていたせいか今回のスープをはじく感じの麺は違和感を感じた。
まあこれも慣れだと思うがメンマの味付けが弱いのがちょっと残念だった。
次は「つけ麺」を食べてみる。

[PR]

by oretokumou | 2018-06-17 08:32 | ラーメン実食 | Comments(0)

だしと麺 トリュフ香る鶏と鯛のそば

トリュフ香る鶏と鯛のそば」
e0208833_07045033.jpg

トリュフオイルの味は明確に感じられる。
それよりも期待していた鯛の味がさほど感じられなかった。
鶏白湯と鯛白湯を合わせているのだがどっちも主張することがない。
それで一つの別の味になっていてインパクトは弱いか?
ガラス越しに庭園が眺められて店のムードはかなりよかった。



[PR]

by oretokumou | 2018-04-10 07:05 | ラーメン実食 | Comments(0)

銭屋 博多ラーメン

西宮の国道2号線沿いに新しい店が出来た。
博多豚骨ラーメンを出すらしい。
高槻の「鷹」が閉店し「虎と龍」も規模縮小中の中博多ラーメン店がオープンするのはちょっと嬉しい。
e0208833_21481102.jpg
どうやら三宮にあった「源屋」が移転してきたようだ。
でも三宮の時はラーメン1杯が600円でこの「銭屋」は1杯500円。
家賃の差が値段の差につながったのか?
いずれにしても1杯500円って昨今のラーメン価格を照らし合わせてみると安い。
安い分替え玉やサイドメニューで腹いっぱい食えるのがいい。
e0208833_21481954.jpg
さて「博多ラーメン」だが、ちょっと臭みのあるまさしく博多ラーメンだ。
他に醤油ダレを入れたラーメンもあるのだが今回食べた「博多ラーメン」は醤油ダレのないラーメンでストレートに豚骨の味が伝わる。
良くも悪くも素材の味がはっきり伝わるのでネガな部分も感じられる。
味の調整がなされていないのが粗野で武骨な昔の博多ラーメンをほうふつとさせる。
ちょっと気に行ったので次回は醤油ダレバージョンを食べてみたい。

[PR]

by oretokumou | 2018-03-05 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

自然派らーめん満麺の笑み

e0208833_09282812.jpg
西宮の「自然派らーめん満麺の笑み」に数量限定メニューが出来ていた。
数量限定なので半レギュラーメニューのようだ。
e0208833_09283571.jpg
「塩中華そば」(数量限定)
豚肉とのWスープらしい。
香味油に鶏油も使っている。
もっともらしい中華そばかと思ったら独特な味がする。
どうも香味油にラー油ではないのだがラー油っぽい香辛料の味がする。
そしてチャーシューをあぶっているのでスープに香ばしい香りが付いている。
基本メニューである魚介オンリーの優しいスープとはちょっと異質だ。
独特な味なのであまり食べなれていないせいもあり???という感想だ。
麺が非常に口当たりの繊細な麺なのでこの麺には基本メニューのほうがいいかなと思ってしまう。
この店のレギュラーメニューは優しすぎてあまり食べていないのだがたまに惹かれる時がある。
西宮周辺にはどちらかといえば濃いメニューが多いのでその意味では貴重な店だ。

[PR]

by oretokumou | 2018-01-08 10:00 | ラーメン実食 | Comments(2)

なかた屋 こく煮干しそば

今年も残り数日となりラーメンの食べ納めにかかろうと思う。
食べ納めということは私の好きなラーメン屋が中心になる。
そのトップバッターは西宮の「なかた屋」。
関西でも数少ない青森煮干しラーメンを出す店だ。
この日は「こく煮干しそば」にメンマをトッピングしてみた。
e0208833_14101231.jpg
煮干も濃いがオイルもたっぷり入っていて重厚感がある。
そしてこの店の特徴ともいえる塩分の濃さが客を選別する。
好きな人は好きだがこの塩分の濃さは嫌いな人もいるだろう。
まあこの日も塩分が濃かったが私は難なく食べることができた。
塩は高血圧やその他の身体への悪影響は大きいので控えるべきかもしれない。
でも塩分不足になる夏向きのラーメンかもしれない。
塩は体に悪いが夏場に熱中症で不足するのもまた悪い。
夏にラーメンを食べるのはむしろいいことかもしれない。(ほんとか?)
麺はいつものぼそっとした感じでこれも好き嫌いが分かれそうだ。
でも青森のラーメンがこのぼそついた麺ならこれはこれで趣がある。
今回はメンマトッピングをした。
前回「こく煮干しそば」を食べた時にメンマがやたらうまかった。
それで100円追加してメンマをトッピング!
小皿に入ったメンマが100円だ。
結構食べごたえはある。
ただ味付けが塩辛かったので前回食べた時のようなおいしさはなかった。
メンマも毎回同じ味でないということが今回よくわかった。


[PR]

by oretokumou | 2017-12-28 14:04 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 油そば

「なかた屋」の「油そば」は長期休業に入る前に一度食べた。
かなり塩分が濃くて麺も硬かったのでイメージはよくない。
ただ休業明け後はメニューを一新したので今回食べた「油そば」も前回とは違うものになっているようだ。
e0208833_20221777.jpg
まず具材が麺の下に隠れているのが休業前とは違っていた。
奥さん(店主さん)からかきまぜて食べてくださいと言われたのだが、これだけ麺が見えているのだからまず麺だけを食べてみた。
ほんのり甘くて麺だけ食べてみてもおいしい。
このままずっと麺だけ食べられそうなくらいだ。
これだとかきまぜるのはもったいなく感じる。
それでかきまぜないで下の方のタレを麺にちょこっと付けて食べてみる。
なかなかいい具合だ。
そしてかきまぜて食べてみるとこれがすごく塩辛い。
タレは煮干しと油が大半で醤油は少しか全く使っていないかのどちらかだ。
あまりにも塩辛くて卵をかき混ぜて薄めてもまだまだ塩辛い。
前回よりも麺がおいしくなっただけにこれはちょっと残念だった。
これは改善しなければ食べることはできないくらいだが、それでもこの店は好きなので次回は「煮干しそば」をメンマトッピングで食べてみよう。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-18 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

元祖博多中洲屋台ラーメン一竜 西宮北口店 赤ダレとんこつラーメン

本日12月8日福岡に本部のある豚骨ラーメンのチェーン店(もしくはフランチャイズ)「一竜西宮北口店」がオープンした。
e0208833_16315978.jpg
場所は西宮市の中津浜線沿いで阪急電車踏切のすぐ南側。
西宮北口店ではあるが駅からはちょっと遠い。
だが駐車スペースが14台分あるので車で移動する人にとっては便利かもしれない。
e0208833_16320720.jpg
店内はテーブル席も多くファミリー向けの様相も漂う。
サイドメニューは焼きめしや餃子もありじっくりラーメンを楽しめる雰囲気がある。
九州でもこういうラーメンレストランが数多くあり昼休みにふらっと寄れるのが懐かしく感じられる。
さてラーメンだが一蘭のような「赤ダレ」入りを頼んだ。(710円)
赤ダレ無しだと680円になる。
スープは関西を意識したのだろうか、臭みというかえぐみを抑えていてまろやかに感じられる。
福岡なら店の中に充満した豚骨の臭さが魅力なのだが関西ではそれがネックになってしまう。
せっかく中洲屋台ラーメンと店名に入れているのだからもっとえぐいのを期待していただけに拍子抜けだ。
麺は固めで頼んだがちょっとほぐれにくいようだ。
関西では「一蘭」と「一風堂」が人気を得ているがこの「一竜」はどちらかと言えば「一風堂」に近いように思える。
この二大巨頭に割って入って行けるのか興味は深い。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-08 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)